Tシャツは購入するよりオーダーで製作するのが流行

オーダーメイドでTシャツを作ろう!自由度の高さが人気

Tシャツは購入するよりオーダーで製作するのが流行

女性

オリジナルTシャツの製作でよく利用される印刷方法

オリジナルTシャツの製作でよく利用される印刷方法は4つあります。1つ目はシルクスクリーンです。市販されているTシャツもこのシルクスクリーンを使用している業者がほとんどで、生地に直接色を載せるように刷っていきます。色も鮮やかに仕上がる事からクラスTシャツやスポーツクラブのウェアにもおすすめです。2つ目はインクジェットという記事にインクを吹きかけるプリント方法、3つ目はパソコンプリンターで印刷するデジタルコピー転写、最後はカッティングといい、カッティングされた文字やデザインを圧着させる方法です。

Tシャツによく使用されるおすすめの素材

オーダーメイドTシャツに使われる素材について、まず1つ目は天竺です。経糸と横糸が交互に組み合わさっており伸縮性に優れています。普段目にするTシャツはほとんどが天竺という生地で作られています。次にハニカムメッシュです。ハニカムとはハチの巣のような凹凸を意味しており、ハチの巣編みとも言われています。ドライメッシュTシャツなど夏場に着るTシャツはこのハニカムメッシュが多いです。メッシュはスポーツチームのTシャツに使用され通気性や速乾性が非常に優れた生地です。

Tシャツをお店で購入する場合と専門業者にオーダーして作る場合の違い

お店で購入するTシャツとは

お店で購入するTシャツは、すでにプリント済の商品を購入するだけの状態のものです。自分で好きな色とデザイン、好みの生地を選ぶことができ、値段も比較的手ごろなものから高級感のあるものまで自由に選ぶことができます。

専門業者にオーダーするTシャツ

専門業者にオーダーするTシャツは、発注先にある色と素材のTシャツの中から好きなものを選び、自分でデザインしたものを業者に依頼して作成してもらうものです。世界でたった1つの、納得のいくオリジナルなTシャツを作りましょう。

広告募集中